平和への祈り

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の惨状をまのあたりにして、激しい憤りをおぼえる。国連や安全保障条約機構などの国際的安全の規範を完全に無視し、しかも、核兵器によるせん滅をも辞さないという構えで戦争起こす。しかし、これに対して、この挑発に乗って世界大戦に及ぶことのないよう必死の対応をとっている世界だが、未だ侵略の蛮行を止められずにいる。極悪非道の破壊と無差別攻撃を繰り返すプーチンの戦争をだれも止められないというのか。実に愚劣で恐ろしいことであるだけに、世界は全く無力であってはならないはずなのだが・・・・。
 現実化したこの極悪非道の問題に対し、人類がどう向きあっていくか、大きく問われ、地上世界の存続の岐路に立たされている。
 前号で明らかにしているように、小生の近辺において、すでに、こうした人類の愚行を危ぶむかのように示された氷の聖体出現をまのあたりにしているだけに、「なぜ、見えざる世界はこの蛮行を止められないのか。あくまで現象界の人類の責任においてこの戦争を止めなければならないからなのだろうか。」そのことだけが気がかりであった。
 そのような折、不可思議にも『不可知の雲』を偶然手にし、開いてみるとそこには次のようなことが記されていた。
 
 ここに第三十八章が始まる  
単音節の短く小さい祈りがなぜ天を貫くのでしょう。確かにそれは祈る者の霊の高さと深さ、長さと広さにおいて、全霊を込めて祈られるからです。その祈りは、霊の全力を用いるがゆえに高いのです。この小さな音節の中に霊の全機能が含まれているゆえに、それは深いのです。感ずるままに感ずるところを、叫ぶがままに叫び続けるがゆえに、それは長いのです。己れに欲するところを他のすべての人々にも望むがゆえにそれは広いのです。(中略)そうです、非常に罪深い魂であっても――それはいわば神にとって敵であるのですが――聖寵により霊の高さと深さ、長さと広さにおいてあのように短い音節を叫ぶに至るならば、その鋭い叫び声は常に神の耳に達し、必ず助けられるものです。
実例によって御覧下さい。あなたの仇敵が恐怖の余りわれを忘れ、精神の高みにおいて、「火事だ」とか「嗚呼」とかいう短い言葉を絶叫するのを聞けば、彼が敵であることも忘れ、この悲痛な叫びにかき立てられ引き起こされた純粋な憐憫の情のため、あなたは立ち上がり――そうです、真冬の夜中であっても――火事を消し、あるいは悩みを